--------
FC2ブログ

出張撮影@横浜|女性カメラマンによるナチュラルポートレート

七五三撮影、プロフィール写真などのナチュラルフォトはしいれいphotoまで

映画「ひろしま」@広島~10/21

Posted by しいれい on   0 comments   0 trackback

映画:被爆直後の「ひろしま」描く 半世紀経て“原点”で公開--きょうから /広島

 ◇きょうから中区「八丁座」
 原爆投下8年後の1953年に公開され、被爆直後の広島市民の苦悩を描いた映画「ひろしま」(関川秀雄監督)が1日から、中区の映画館「八丁座」で上映される。公開当時、広島で初めて上映されたのは、現在の八丁座の位置にあった「福屋劇場」。半世紀以上を経て、“原点”の地に戻ってくる。【寺岡俊】

 「ひろしま」は、原爆の惨劇を体験した少年少女の手記「原爆の子」が原作。物が手に入りにくい時代、地元教諭らが中心となって制作費を集めた。エキストラとして市民約9万人が参加。被爆者も少なくなかったという。55年のベルリン国際映画祭で長編映画賞を受賞したが、日本での知名度は高くない。制作当時、大手配給会社から配給を拒否されるなど、小規模上映となり、「幻の映画」とも言われている。

 公開に先立つ30日、「ひろしま」の監督補佐だった故小林大平さんの長男で、映画プロデューサーの小林一平さん(64)が記者会見。「再び広島で上映できることに、天国にいる大先輩たちも大変喜んでいると思う」と語った。小林さんは、この映画を世界に広める活動をしている「奇跡への情熱(核廃絶プロジェクト)」の代表。立命館大生の協力のもと、英語字幕版DVDも製作し、今年5月にスペイン・バルセロナで開催された国際平和博物館会議で、字幕版が初上映された。

 フィルムは劣化しているため、小林さんは音声や画像を修復し、制作当時の完全プリント制作と、外国語字幕版制作のための募金をしている。「ひろしま」の上映期間は21日まで。

毎日新聞 2011年10月1日 地方版

関連記事
スポンサーサイト



映画「ひろしま」@渋谷 特別上映中

Posted by しいれい on   0 comments   0 trackback

今回、「ひろしま」を見たのは2度目。

一回目は、原爆投下直後の映像がリアルで
その印象が衝撃的だった。

でも今回、不思議なことに印象が全く違って見ることができた。

惨状の映像はかなり衝撃的だ。
でも、目を背けずに描かれている一人ひとりの姿を
丁寧に見ていくと、この映画の真髄に触れたような気になる。

9万人のエキストラが演技ではなく
涙を流しながら原爆当時に戻って再現したこと。

役者でもない素人が被災の再現をするということが
どんなにつらいことなのか。
そこまでしてもなお、訴えたかったこと。

私たちは今、目をそらさずに見なければ。

IMG_6024.jpg

「オーディトリウム渋谷」
IMG_6011.jpg


トークショーの様子
熊井明子さん(エッセイスト、ポプリ研究家 映画監督熊井啓氏夫人)
小林一平さん(「奇跡への情熱」代表プロデューサー)

IMG_6039.jpg


IMG_6103.jpg


IMG_6079.jpg


311後の、初めての夏。

9万人の声を今、一人でも多くの人に聞いてほしい。
人々はやがて死ぬけれど、でも映画は残る。
映画の持つ強さを、感じた夜だった。

今回、小学生もちらほらと見かけた。
小学生の教材にもなりうる映像です。

IMG_6199.jpg

Top-3.jpg

「オーディトリウム渋谷」

■上映スケジュール
8月6日(土)18:00-
8月7日(日)13:20-/16:30-/18:40-
8月8日(月)13:20-
8月9日(火)13:20-/15:30-/18:00-
8月10日(水)ー8月19日(金)13:20-/15:30-
8月20日(土)ー8月26日(金)13:20-

8月7日(日)13:20の回はトークショーがあるので必見!
坪井直さん(日本原水爆被害者団体協議会代表委員 広島県原水爆被害者団体協議会)
小林一平さん(「奇跡への情熱」代表プロデューサー)


映画「ひろしま」58年ぶり復活!鳥肌たつリアルさ
2011.08.05 ZAKZAK

 延べ9万人近くの広島市民らがエキストラ出演し、原爆の惨禍をリアルに再現した1953年公開の映画「ひろしま」(関川秀雄監督)を58年ぶりに復活上映する運動が、福島第1原発事故で高まる核への関心を背景に広がっている。

 映画プロデューサー、小林一平さん(64)らの市民グループが、立命館大(京都市)の協力を得て英語版DVDを作り、海外への紹介を企画。国内ではこの夏、国連軍縮会議が開かれた長野県松本市で上映。広島原爆の日の6日以降、東京や大阪でも公開が相次ぐ。

 原作は、広島で被爆した少年少女の体験記105編を収めた「原爆の子」で、ことしは同書刊行から60年。編さんした教育学者、長田新の四男で、父親とともに被爆した横浜市立大の長田五郎名誉教授(84)は「復活上映に深く感動した。十数カ国語に翻訳された原作と同様に、広く世界の人々に見てほしい」と期待している。

 映画には、広島市出身の女優、月丘夢路さん(88)が自ら強く希望し、教員役で主演。壊滅した街で倒れていく市民の姿が生々しく描かれた。53年当時、広島の教職員組合などが上映会を開いたが、映画館での公開規模は小さかったという。

 製作に関わった父親から映画の話を聞かされていた小林プロデューサーが2008年に広島市の映画館で上映したところ、「こんな映画があるとは知らなかった」との声が相次ぎ、ことし5月にはスペインの国際平和博物館会議で上映にこぎ着けた。

 立命館大の安斎育郎名誉教授(放射線防護学)は「原発事故がもたらした放射能被害の原点は広島の原爆だ。核兵器の非人道性を知る上で、この映画以上の教材はない」と話している。

 ■映画「ひろしま」 1945年8月6日、原爆投下された広島で、勤労動員中の女学生や教員らが、爆風で吹き飛ばされ黒焦げになり、倒壊した建物の下敷きになるなどして次々に息絶えていく。エキストラ出演した市民らの協力で、群集シーンなどが撮影された。出演は月丘夢路のほか、岡田英次、山田五十鈴、加藤嘉ら。伊福部昭(音楽)、熊井啓(助監督)らも参加した。


関連記事

映画「ひろしま」上映決定 @渋谷

Posted by しいれい on   0 comments   0 trackback

映画「ひろしま」。
広島原爆投下7年後に市民と共に作られた未公開映画です。

映画『ひろしま』の鑑賞は、世界の非核化のために残された大切な文化遺産だ。
いや、それは単なる遺産ではなく、私たちが活用すべき資産でもある。
(立命館大学国際平和ミュージアム 名誉館長 安斎育郎)



記憶遺産に認定されてもいいのでは?
と思うくらいの作品です。


先日 記者会見の模様を撮影させていただいたのですが
なんと渋谷で上映が決定!
じわじわと、広がっている様子。


東京新聞 2010/4/9「奇跡への情熱プロジェクト」掲載記事

写真は、右から
このプロジェクト代表 小林氏。このプロジェクトにかける想いは熱いです!!
撮影師匠の 能勢広氏。撮影チームをひっぱるリーダー。
お世話になってる&いつもシュールな奥平氏
hiroshima_20110730114418.jpg
「オーディトリウム渋谷」
1945年8月6日。いまよみがえる原子雲の下の真実。
58年の時を経て、幻の映画が奇跡の再公開!

映画 ひろしま
1953年/104分/35㎜・デジタル/モノクロ
製作:伊藤武郎 監督:関川秀雄 脚本:八木保太郎 音楽:伊福部昭 撮影:中尾駿一郎・浦島進 監督補:小林大平 助監督:熊井啓
後援:世界平和市長会議 日本原水爆被害者団体協議会
配給・宣伝:奇跡への情熱(核廃絶)プロジェクト
宣伝協力:カプリコンフィルム
出演:月丘夢路 岡田英次 加藤嘉 山田五十鈴 原保美 利根はる恵 河原崎しず江 徳永街子 月田昌也
1955年ベルリン国際映画祭長編映画賞受賞
2011年8月6日(土)ー8月26日(金)特別ロードショー!

■上映スケジュール
8月6日(土)18:00-
8月7日(日)13:20-/16:30-/18:40-
8月8日(月)13:20-
8月9日(火)13:20-/15:30-/18:00-
8月10日(水)ー8月19日(金)13:20-/15:30-
8月20日(土)ー8月26日(金)13:20-
※8月6日(土)のみ35mmフィルムでの上映。その他の回はデジタル上映になります。


■トーク
※8月6日(土)18:00の回
熊井明子さん(エッセイスト、ポプリ研究家 映画監督熊井啓氏夫人)
小林一平さん(「奇跡への情熱」代表プロデューサー)

※8月7日(日)13:20の回
坪井直さん(日本原水爆被害者団体協議会代表委員 広島県原水爆被害者団体協議会)
小林一平さん(「奇跡への情熱」代表プロデューサー)

kob-2.jpg
Canon EOS 5D Mark II / EF24-105mm F4L IS USM (89mm 1/100 秒 F4.0)

小林一平代表ブログ http://blogs.yahoo.co.jp/pepe_le_moco_0123

「奇跡への情熱」公式HP http://hiroshimaproject.sblo.jp


渋谷以外でも、続々と上映
1953年当時ほとんど劇場公開の機会に恵まれなかったこの作品が
2011年に3週間、劇場公開されるのは、画期的なことです。
是非この機会にご覧ください。

上映予定
①長野県・松本市 7月30日(土) 
シネマセレクト 時間未定 
 問)シネマセレクト 0263-98-4928

②東京・渋谷 8月6日(土)~8月26日(金) 
オーディトリウム渋谷 
 問)オーディトリウム渋谷 03-6809-0538  http://a-shibuya.jp/

③大阪 8月2日(金)~9月2日(金)
シネ・ヌーヴォⅩ 
 問)06-6582-1416  http://www.cinenouveau.com/

④兵庫・宝塚市 8月12日 シネマピピアめふ    
問)0797-87-3565  http://www.cinepipia.com/




この後も、どしどし上映会を企画していくとのことです。

上映会希望の学校・団体様、募集中。

映画「ひろしま」を上映してほしい!という方、お気軽にご連絡してみてください。

kobayashi(アットマーク)kuroshio-bottle.org


動画・予告編はこちら。
http://www.ustream.tv/channel/hiroshima-movie

関連記事

映画「ひろしま」試写&記者会見

Posted by しいれい on   0 comments   0 trackback

映画「ひろしま」の試写を見ました。
もちろん原爆の衝撃的な映像が目に焼きついたのですが
人間ドラマも描かれていて
何度でも見たいと思わせる映画です。

引き続き、記者会見。
project-1.jpg

and.jpg

_MG_2439.jpg

撮影チームで記念撮影♪
お。肝心の師匠、能勢氏がブレてるorz スミマセン。
でもこの写真がいちばん、楽しくって好き♪
member-1.jpg


記者会見の動画です。

関連記事

原爆映画「ひろしま」を世界へ発信しよう!

Posted by しいれい on   0 comments   0 trackback

映像師匠 能勢広氏のつながりで
明日はこの記者会見のスチール撮影をさせていただくことに。


奇跡への情熱(核廃絶)プロジェクト~映画「ひろしま」を世界へ~
2011年4月18日(月)16:00より 記者会見をLIVE中継いたします。

以下、能勢広氏のブログ転載です。
原爆映画「ひろしま」を世界へ発信しよう!のプロジェクト関係者インタビューや、
本編ダイジェストを載せたユーストリームチャンネルがあります。


どのような映画か分かりますので、ぜひ一度 ご覧になってみて下さい。


4月18日(月)16時~17時 記者会見の模様をこの ユーストリームチャンネルで中継します。
http://www.ustream.tv/channel/hiroshima-movie



太平洋戦争が終わり、戦争体験者の悔しい気持ち、悲しい想い、それを発する事が出来るのは、そろそろ最期かもしれません。
1953年制作のこの映画、 被爆した広島市民9万人が、
原爆の悲惨さや核の恐ろしさを、エキストラという形で参加して訴えています。
彼らの声、戦争体験者の声、もう一度 復活させて、日の目を見させて上げたい。
その思いで、僕は協力しています。

4月18日のユーストリーム中継を多くの方がご覧頂ければ幸と思います。


関連記事