--------
FC2ブログ

出張撮影@横浜|女性カメラマンによるナチュラルポートレート

七五三撮影、プロフィール写真などのナチュラルフォトはしいれいphotoまで

最終日のフェルメール展

Posted by しいれい on   0 comments   0 trackback

やっぱりどうしても最後に見ておきたいと思ったので
めまいとふらつきで体調は最悪でしたが行くことにしました。
DSC_0299.jpg PM4:00過ぎ。 雨が上がってよかった。

絵みたいな空でした。

DSC_0304.jpg      DSC_0300.jpg

DSC_0306.jpg    みな、続々とフェルメール展へ向かいます。


DSC_0305.jpg    やっぱり、何度見ても飽きない。


DSC_0313.jpg   ただ今16:24。

今日は16:30で閉館なのにこの行列。

さっきまで、冷たい雨が降ってたのにみんな並んだのでしょうか。

すごい熱狂振りですな。

 

閉館を知らせる音楽が流れる。

でも、18時になってもどんどん人が入ってきます。

もっと、見ていたい。

あ~でもヨガに遅れちゃう(*_*)

 

後ろ髪を引かれる思いで、美術館をあとに、家路へ大急ぎで向かいました。

 

フェルメール、満喫した~♪
 

2009年2月6日に、新しいDVDが出るそうです。

美術探偵ドキュメンタリーだって。楽しみ
DVD 消えたフェルメールを探して

 


現存するフェルメールの作品は35点。そのなかで「合奏」という作品だけが見れなくなっているのは、盗難に遭ったからだった。1990年の春、ボストンにあるイザベラ・スチュワート・ガードナー美術館に警察官に扮した2人組が侵入し、13点の美術品を奪うという事件が起こった。そこに、フェルメールの「合奏」が含まれていたのである。ガードナー美術館は500万ドルもの懸賞金を出したものの、時が経っても盗まれた美術品は戻っていない。名作のあった場所には、今、空の額だけが掛けられていて…。
ボストンの美術館から盗まれたフェルメールの名画をめぐって、収集家や美術品泥棒など、さまざまな人物の想いが交錯していく美術探偵ドキュメンタリー。盗難事件に関わった者として、アイルランド系地下組織の大物や米国上院議員、元大統領の名前まで挙げられ、日本人コレクターによる依頼だという説もあったという。ハロルド・スミスの捜索を通して、美術品犯罪の全貌に迫る。

関連記事
スポンサーサイト



フェルメール展&ピカソ展

Posted by しいれい on   0 comments   0 trackback

真珠の耳飾りの少女 で有名なフェルメール。

その美術展が 12/14(日)最終だと知って慌てた。

しかもピカソ展も、これまた12/14が最終ときたもんだ。

これは何が何でも行くしかない

と思って行ってきた。


国立西洋美術館(エプソン)も回ったので
今日1日で4箇所の美術館を制覇。

感想は・・・

なんといっても、

楽しかった。

美術館で、こんなに興奮したのって初めて。

今、美術館では音声マイクをつけて解説聞きながらまわるのが主流なのかしら。

超久しぶりの美術館&東京なので浦島太郎状態です。

ちなみにフェルメール展は、70分待ち。一瞬、長蛇の列にひるみました。

でも、並ぶだけの価値はあります。

今日回ったコースは、

エプソン美術館。 常設展だったので、これはいつでも行けるので今日じゃなくてもよかった(笑)  モネの睡蓮画などがありました。

上野のフェルメール展。 ものすごい人で、密着度は限界!半数以上が、マスクしてました(*_*)

上野から西日暮里→千代田線で乃木坂。国立新美術館 ピカソ展

徒歩で六本木のサントリー美術館 ピカソ展


撮影の構図の参考にもなったし
画家の絵に込める心境などもマイク解説で聞くことができて
本当に楽しめました♪

この解説を聞くのにはイヤホン貸し出し500円かかって

3件回ったとして1500円也。


これから行く人はぜひ、この解説を聞いてみて!
アナウンサーが上手だし、音楽も素敵。

新たな美術館めぐりの楽しさを発見しました。

中には、そりゃ深読みしすぎだろってつっこみたくなるケースもあったりするんですが
それもまた楽しくって。

写真もそうなのですが

作品を見るときに、あれこれと説明するのは、作品をつまらなくさせてしまう
という意見もある。確かに。

でも私は、そのアーチストの舞台裏に、超興味がある。
だから私、映画のメイキング映像なんかが本編よりも好きだったりするんだよね。

興奮さめやらぬ状態で、売店へ。
ポストカードだの、画集だの、いろいろ買いすぎてしもうた。

みんなも、この不景気だというのに
バンバン買っていた。
特に、フェルメール展。

おそるべし。

フェルメールとピカソの映画を過去に観ましたが
改めてじっくりと観てみよっと。

【フェルメールに関するDVD】

   フェルメール 奇跡の光を描いた画家

   真珠の耳飾りの少女

   オランダの光 

-------------------

【ピカソに関するDVD】

   ミステリアス・ピカソ ~天才の秘密 

   ピカソ - マジック、セックス、デス 


関連記事